薬剤師の派遣はメリットが多い?

言語聴覚士(ST)の年収アップ方法

今の給料に不満がある、という言語聴覚士の方も多いのではと思います。

長く勤務していれば給料が上がる、という職種では実際ありませんよね。
管理職になればそれなりに昇給する(年収アップ)のですが、そうはいっても管理職のポストも限られています。

当然というか、長く働いて経験を積み、知識を得るにつれて「もう少し給料の高い所で働きたい、経験を活かしたい」といった気持ちが強くなる言語聴覚士の方は多いようです。

転職サイト、ST求人を専門とする人材紹介会社を利用して転職活動をされる方も多いですが、給料アップを目指しての登録、転職活動をされる方は多数いらっしゃるそうですね。

実際、人の役に立つ医療職、専門職ではありますが自分たちの生活もあります。

30代、40代ともなれば家族もいて、子供達のこれからの学費、塾代、住宅ローンなど様々な出費が負担となってきます。

あと1万円でも今月使えたら楽なのに・・・

といった状況もあるかもしれません。。

今の職場で仕事を続けていた場合の、将来の自分のポジションであったり給料も予想がつく場合は多いと思います。

その場合、転職、という選択肢に興味を持たれる方も多いでしょう。

少なくとも、求人を調べてみたりといった事までは気軽に出来ますしね。
ST求人も多くの転職サイトで公開求人として掲載されていますから調べる事が出来ます。

言語聴覚士 転職で収入アップ

転職によってキャリアアップを狙うことも出来ます。

そのためには少し広めに職場への移動時間を考えた方が良いかもしれません。

患者さんのために、言語聴覚士を必要としている、需要がある職場は高給与を提示してST募集を行っている事が多いといえます。

もしあながた必要な知識、患者さんのためにという積極性、行動力などを持っていれば、施設としても高給与を払う価値があるということで歓迎されるでしょう。

管理職待遇として採用を検討してもらえる可能性もあるかもしれません。

思い切って需要が高い地方への引越なども検討してみると良いかもしれません。
ご家族がいる場合にはしっかり相談した方が良いですが、やはり地方は言語聴覚士も人手不足に悩んでいるリハ施設など多いと言えるでしょう。

需要が高いところは、高給与・高収入での募集が多いのは他の医療専門職と同様です。

言語聴覚士の需要

で言語聴覚士の求人が掲載されている転職サイトなども掲載されています。